整形とプチ整形の違いとは

これでアナタもキレイになれる!プチ整形と整形の違いを知ろう!

整形手術の歴史と概要

一般的に整形手術と呼ばれる施術は身体にメスを入れるものを指します。価格・ダウンタイムの兼ね合いでプチ整形のように気軽にできるものではありませんが、その分効果は半永久的に続くものであったり、劇的に変化したりするものがほとんどです。 ここでは整形手術について説明しています。

どんな施術が整形なの?

近年からテレビCMや雑誌広告などで多くみられる整形手術のPRですがその歴史はとても長く、ルーツをたどれば紀元前600年ごろから始まったといわれています。その当時罪人への処罰として鼻とそぎ落とすことがあり、その復元方法として整形手術が行われてきました。ただしその当時は縫合する、あるいは詰め物を入れると言った簡易的なもので、医学として認められたのが1800年に入ってからでした。
日本に整形手術が入ってきたのは明治8年あたりです。その当時は特別な人しか受けることができないものであり、大変高価な施術でした。そこから徐々に浸透していき、平成に入る頃には一般人でも受けることができるようになりました。
特に近年の整形技術の進化は目まぐるしく、注射や糸を使った簡易的なプチ整形といったものが人気を呼んでいます。このプチ整形は安価で持続期間も2~3年となりますので、気に入らなければすぐに戻すことができます。その手軽さが受けていて、若い世代だけではなくこれまでコスト面で施術を受けることができなかった層からも支持を得ています。とはいっても持続期間が短いので、半永久的な効果を求めるのなら従来の整形手術が良いといえます。
プチ整形と従来の施術の違いや、メリット・デメリットを知ることで自分にあった施術を見つけることができます。ここでは整形を検討している方だけではなく、違いを知りたいとおもっている方に役立つ情報を掲載しています。アナタもコンプレックスを解消して、もっと美しくなりませんか?

プチ整形は気軽にできる!

安価で効果が2~3年のため、気軽に施術を受けることができるプチ整形について説明しています。 メスを入れる整形ではなく、注射や糸をつかっているのでダウンタイムを長く考える必要もありません。中には週末に施術を受けて、週明けには普段通りのメイクや運動を楽しむことができる施術もあります。

人気の施術を知ってもっとキレイに

国内でも整形が浸透してきているのは事実ですが、その中でも人気のある施術とはどんなものが挙げられるのでしょうか? 世代別の人気施術を紹介、また整形をするにあたってどんなポイントに注意をすべきか説いていますので、これから整形をする方に役立つ情報といえます。

TOPへ戻る